【モーツァルト生誕250周年】

今年はモーツァルト生誕250周年です。
先週金曜日、1月27日が誕生日でした。

金曜の午前十時、ウィーンに
ある壮大で由緒あるブルク劇場は満員の観衆で埋まりました。
ピアニスト、ルドルフ・ブーフビンダーが
モーツァルトのピアノ作品集を演奏し、
演奏の合間にはモーツァルトの手紙が朗読されました。


日本に馴染みのあるピアニストと言えば、
N響で指揮をとっているアシュケナージや日本人を妻に持つブーニン、
容姿でも日本の女性ファンを惹きつけたユンディ・リなど、
ショパンコンクール絡みの人が多いです。

しかし、このブーフビンダーも五歳にして
ウィーン音楽大学に入学する天賦の才を持ち、
モーツァルトを特に好んで演奏する実力者です。

日本の演奏家、あるいは日本に馴染みのある演奏家が
ショパン(昨今ではリスト)に偏るきらいがあるので
どうしてもそちらに関心が向きがちですが、
せっかくなのでモーツァルトという切り口で眺めてみるのも
発見が多く面白いかもしれません。

"Burgtheater"はウィーンにある「ブルク劇場」です。
ここはかつての「宮廷劇場」で、
モーツァルトも精力的に活動していました。
映画「アマデウス」の中で
「フィガロの結婚」が演奏されていた歌劇場なので、
この映画を見る機会があればちょこっと楽しんで見てください。

250周年記念ということで、
BBCでもいくつかモーツァルトが聴けます。
有名どころですが息抜きに交響曲40番などいかがでしょう。
http://www.bbc.co.uk/radio3/mozart/listen_40.shtml

今回の時事英語は→【モーツァルト生誕250周年
【音楽】 | 07:00 AM | comments (x) | trackback (x) |