iPhone4/4Sでの非通知着信の拒否設定方法について

結論から言うと、
JailBreak(いわゆる脱獄)しないと不可能です。

iPhoneの非通知拒否設定については、
まずナンバーブロックというサービスに加入し、
他の電話AからiPhoneに184で非通知発信をし、
その電話を受けて実際に通話状態を作って電話を切り、
それから144に電話して拒否設定すればOK、
というような説明が溢れています。

しかし、この方法で拒否設定されるのは電話Aの番号のみです。
非通知着信が拒否されたわけではありません。
他の電話BやCなどから非通知でかけると着電します。

184をつけて非通知でかけているのに
184を外した裸の番号が拒否設定されるのはなかなか面白いですが、
非通知そのものを拒否設定できないのはもったいないですね。

スティーブ・ジョブズの訃報で何となく思いついたメモ書きです。

それにしても、電話の通知/非通知の仕組みというのは、
どこか謎めいていて興味が尽きないです。

非通知着信してくる相手の番号を強制表示させるルーターだとか、
発信時に任意の番号を相手に表示させる面白機械だとか、
なぜか必ず香港製ということでよく売られていましたが、
まだどこかで活躍中なんでしょうか…。

 − − − 

補足です。

ソフトバンクのiPhoneについては上記の通り、
ナンバーブロックを利用しても非通知そのものを拒否することはできません。
電話AからiPhoneへ非通知で着信させて通話をした後にブロック設定をして電話Aをブロックしても、
電話BからiPhoneへ非通知でかけると着信してしまいます。
そのため、非通知のワン切りに対しては特に無力そのものです。

ただ、auのiPhoneでは「番号通知リクエストサービス」がありますので、
「1481」へダイヤルをすればそれだけですぐに非通知拒否設定が完了となります。
利用料は無料で、特別の申し込みも不要です。
【その他】 | 01:30 AM | comments (x) | trackback (x) |

ARCHIVES

<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CATEGORIES

LINK

PROFILE

OTHER