ジョージ・ソロスと秋の空

ジョージ・ソロスと言えば、言わずと知れた投資家です。
慈善家でもあります。

そしてよく引き合いに出されるのが、
ウォーレン・バフェット。

「NY株式市場には2,3年休んでもらっていても
 まったく支障ない」
とはバフェットの名言の一つです。

戦争のような短期的投機には否定的で、
派手な動きのソロスとは好対照です。

さておき。

このたびソロスが日本の金融政策に言及しました。

曰く、
「五月から始まるトルコやブラジルなどの
 新興市場の暴落の原因は、
 ゼロ金利解除に積極的姿勢を見せる日銀のせいである」と。

俗に言う「流動性の罠」なる言葉が日本の政策当局を悩ませていた頃、
行き場を失ったそれらの資金は
トルコやブラジルなどの新興市場へと流れました。

そして今、
その新興市場で軒並み暴落現象が見られます。

トルコの通貨単位であるリラは、
この五月から対ドル18%の下落を示しています。
株式市場は22%の下落。

確かに、資金の大元締めとも言える日銀が
引き締めに動くというのは、
履かされていた下駄を突然脱がされることに。

もっと日本流に言うなら、
はしごを外される、でしょうか。

しかし、です。
確かに、各国間の政策協調も大事ですが、
局地的にバブル期並みの地価高騰が見られる
日本の現状を無視するわけにもいきません。

何より、日銀は日本の中央銀行であって、
日本の物価の安定こそが第一義なのです。

ここが政策協調の難しさでもあるし、
金融政策の醍醐味でもあるのでしょう。

それにしても、今のトルコは政情不安定です。
キプロスの問題もあって、
EU加盟国としてトルコはふさわしくない、との声も。

結局、今のトルコでは相場を下げるニュースが
たくさん売れている状態です。
日銀云々はどれほど影響があるものでしょうか。

ソロスの投機スタンスと掛け合わせるわけじゃないですが、
彼は言うなれば風の人。

その時々の流れを敏感に感じ取って、
その時々で判断する人。

今回の発言は
Open Society Instituteのフォーラムで飛び出しました。
場所はイスタンブール。
ええ、トルコです。

日本の風に当たれば
また違う発言も生まれることでしょう(知りませんが

しかし元気ですね、彼。
老いさらばえることを忘れちゃってますよね。
羨ましい限りです(はっは
…。
【経済全般】 | 07:00 AM | comments (x) | trackback (x) |