iPhone4/4Sでの非通知着信の拒否設定方法について

結論から言うと、
JailBreak(いわゆる脱獄)しないと不可能です。

iPhoneの非通知拒否設定については、
まずナンバーブロックというサービスに加入し、
他の電話AからiPhoneに184で非通知発信をし、
その電話を受けて実際に通話状態を作って電話を切り、
それから144に電話して拒否設定すればOK、
というような説明が溢れています。

しかし、この方法で拒否設定されるのは電話Aの番号のみです。
非通知着信が拒否されたわけではありません。
他の電話BやCなどから非通知でかけると着電します。

184をつけて非通知でかけているのに
184を外した裸の番号が拒否設定されるのはなかなか面白いですが、
非通知そのものを拒否設定できないのはもったいないですね。

スティーブ・ジョブズの訃報で何となく思いついたメモ書きです。

それにしても、電話の通知/非通知の仕組みというのは、
どこか謎めいていて興味が尽きないです。

非通知着信してくる相手の番号を強制表示させるルーターだとか、
発信時に任意の番号を相手に表示させる面白機械だとか、
なぜか必ず香港製ということでよく売られていましたが、
まだどこかで活躍中なんでしょうか…。

 − − − 

補足です。

ソフトバンクのiPhoneについては上記の通り、
ナンバーブロックを利用しても非通知そのものを拒否することはできません。
電話AからiPhoneへ非通知で着信させて通話をした後にブロック設定をして電話Aをブロックしても、
電話BからiPhoneへ非通知でかけると着信してしまいます。
そのため、非通知のワン切りに対しては特に無力そのものです。

ただ、auのiPhoneでは「番号通知リクエストサービス」がありますので、
「1481」へダイヤルをすればそれだけですぐに非通知拒否設定が完了となります。
利用料は無料で、特別の申し込みも不要です。
【その他】 | 01:30 AM | comments (x) | trackback (x) |

【世代を超えて】

『道徳に至りては
 人心を涵養するや漫漸緩をもって入る。
 故にこれを軽慢にする者多しとす』
          −井上 義彦「武道待望論」−

「天に唾する」ことは愚かな振る舞いとして知られています。
明々白々に、吐いたものが自分に返ってくるからです。

しかも、「すぐに」です。

悪い結果がすぐにやって来ず、
三年後だとしたらどうでしょう
ハードルが低くなった気がしませんか?

あるいは、自分が生きている間にはやって来ないかもしれない
敷居はぐっと低く感じられませんか?

本質的には天に唾をする行為と変わりないのに、
悪い結果がやってくるまでのタイムラグが長いため、
ついついたががゆるんでしまってることがあります。

アスベストを吸い込んだ翌日に
重度の肺疾患が発症するなら
全面規制は遠い昔になされていたでしょうし、
おおよそ環境問題と呼ばれるものは
今の半分くらいになっていたかもしれません。

一方、我が身に返ってくる結果が良いものだとしても、
はっきりとした結果が現れるまでのタイムラグが長いと
そのつながりを見失いがちです。

今あなたの人生に欠かせなくなっている
莫逆の友を莫逆の友ならしめたのは、
初めて言葉を交わしたときの
あなたの笑顔だったかもしれませんし、
ずっと昔、苦しんでいるときにかけた
何気ない一言だったかもしれません。

目に見えるものだけでなく、
形のない状況や人間関係なども
必ず何か原因となるものがあるからこそ今があります。

一日に一度、あるいは一週間に五分程度でも
自分を取り巻いているものが
どういうつながりから生まれてきたのか、
ほんの少し思いを巡らせてみると楽しいものです。
そして余裕があるなら、自分の一挙一動が投げかける
未来へのつながりを考えてみるのもまた、興が湧くものです。

毎日の行動に躍動感を吹き込んでみましょう。
できれば、それを受け取る次の世代を意識して。
【その他】 | 05:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

【河上 和雄】

初めて河上和雄氏を知ったのは、
1995年、オウム真理教施設に強制捜査が入ったときです。

当時のマスコミはどの局も腫れ物に触るかのように
本当に当たり障りのないことばかり言っており、
上九一色村にあるオウム真理教施設の青山弁護士との中継でも
終始彼に押されっぱなしでした。

しかし、何気なく見ていた日本テレビでは、
その青山弁護士に対して
「とても弁護士とは思えませんね」
など、ひとり真っ向から厳しい口調で
対峙しているおじさんがいました。
それが、河上和雄氏でした。

私も当時の風潮にどっぷり染まっており、
公の場でオウム真理教を責め立てるなど
タブーもタブーだと思っていたので、
一視聴者ながら面食らって言葉もありませんでした。
青山弁護士も面食らっていたようでした(笑)。

河上氏の経歴を知ったのは
それから少し後になってからのことなのですが、
東京地検特捜部長という歩みを知り、
改めて青山弁護士に対する
あの厳しい態度を重ね合わせて考えてみると、
「そりゃそうだろなぁ…」のただ一言でした、感想は。

こういう人間が特捜の取り調べをしているのなら、
日本も安泰だなと、妙な納得もしました。

河上氏の著作と読むと
検察にも媚びへつらいごますりの世界があるようなので、
手放しに安泰だな、などとはいかないようですが。

そんな河上和雄氏の人生観が少し垣間見える語録です。
まとまりがなくちょっと分量が多くなりましたが、
お時間のある方、いかがでしょう。

→【河上 和雄の世界
【その他】 | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) |

【ビル・ゲイツとマラリア】

マラリアはもはや過去の病気となった日本ですが、
世界的には年間3-5億症例、
死者数100-150万人という大病で、
ビルゲイツがマラリア対策として
今年だけで300億円を寄付したのも頷けます。
犠牲者の大半は五歳未満の子供たち(under-fives)です。

マラリアという病気が長く学者を悩ませてきた理由は、
その煙幕効果(cloaking disguise)にあります。

通常であれば人体内に入ってきた病原体に対しては
免疫システム(immune system)が働き、
異物として排除して抵抗性を身につけて終了です。

しかしマラリアの場合、
自身に無関係な60個近いたんぱく質(protein)をまきちらして
免疫システムに対する偽装(camouflage)を行い、
赤血球内(inside red blood cells)で増殖します。

しかもその60個それぞれが互いに別バージョンなので、
免疫システムが全く追いつきません。

未だマラリアに対するワクチンが
完成していない理由はここにあります。

今回はその偽装たんぱく質とは異なる一つの
独特の原子構造
(a unique atomic structure)を持つたんぱく質を発見したので、
ここを直接攻めることができる新薬(new drugs)への
希望の光となるのではないかと期待されています。
【その他】 | 11:06 PM | comments (x) | trackback (x) |

【カトリックvs.男女平等】

日本ではまだまだ非主流ですが、
キリスト教徒は全世界で20億人超。
世界の事情を読み解く上で
キリスト教についての基本的理解は欠かせません。

宗派の違いが政策対立の原因になることもあれば、
救いになるはずなのに
他宗教との紛争の種になってしまうこともあります。

"Pope"の語源は「父(pappas)」で、
そこから転じて、
「教皇」を意味します。
 
「法王」のほうが馴染みがありますが、
これは実は俗称なので
本家カトリック中央協議会では
「教皇」という呼び名を浸透させて欲しいと呼びかけています。

この語源からもわかるように、
カトリックでは女性聖職者を認めていません。
どこか女性・女系天皇問題と相似形の構図が透けて見えます。
進化論問題といい、
本当に宗教を突き詰めて考えると難しくなりますね。
【その他】 | 10:08 PM | comments (x) | trackback (x) |

【痴漢 / collegeとuniversity】

痴漢(groper or train groper)というのは
日本独自の犯罪のようです。

痴漢に遭って声を上げられない国民性もあるのでしょうが、
やはりすし詰め状態の通勤列車が果たす
温床としての役割が大きいと思います。

通勤時間帯に駅員が「せーのっ!」と声を出して
乗車しきれていない人を押し込む風景は、
海外からやって来た人におおよそ
先進国とはかけ離れた一場面を提供しています。

ちなみに今回の事件も含め、
被害女性を勇敢に助ける男性が増えたのは
「電車男」の影響もあるだろうとTimes誌は分析しています…。

"college"と"university"の違いを、
「単科大学と総合大学の違い」と記憶している方も多いと思います。

これはそもそもは違っていて、
神学部があるかないか、というところで区別されていました。

精神修養としての学問、
その後の人生の土台となる哲学の数々を提供していたので、
今でいうなら教養課程、
あるいは教養学部のような存在だったのかもしれません。

昔であればどれだけ大きな大学であっても
神学部がなければ"college"でした。

しかし、社会におけるキリスト教の位置づけの変遷、
そして西欧中心史観の相対化も相俟って
神学部の役割も徐々に低下していきます。

「神は死んだ」(Friedrich Wilhelm Nietzsche)

キリスト教圏内から発せられたこの声も、
神学部の位置づけと重ね合わせると興味深いです。

そして、神学部がなくても"university"を名乗る大学が
次々に現れ、今に至ります。
【その他】 | 06:09 PM | comments (x) | trackback (x) |

【マフィア最後の大物死去】

マフィアの大物ボスであったヴィンセント・“チン”・ジガンテが
月曜日に獄中で息を引き取りました。享年77歳でした。

彼はみすぼらしいバスローブを身にまとい、
スリッパ姿で通りを放浪するなどして精神病を装うことで
数十年にわたり収監を免れていたことで有名です。

アゴが目立つので「チン」という愛称を付けられていますが、
日本でいうなら山口組の組長のような存在で、
20世紀最後の大物マフィア
(the last great mafioso of the 20th century)
と称されています。

ボクサー出身ということもあり、
がっちりとした体格(stocky figure)で、
視線を見据えたときはより一層、
ボクサー顔(a pugilist's face)が際立ちます。

素直に収監された山口組の組長と違い、
精神錯乱を装っての収監逃れは往生際が悪いようですが、
数十年という期間を考えると
筋金入りの何か力強いものを感じさせますね。

もっとも、最終的には(といっても30年近く経ってから…)
全ての奇行が裁判対策の演技
(insanity ruse)であることを認めました。

日本のことがよく知られるようになり
"Yakuza"という言葉もすっかり英語になりましたが、
一般紙では"Mafia"のほうが認知度が高く無難なので、
やくざを称して"Japanese mafia"となることが多いです。

ちなみに、
"Morte alla Francia Italia anela!"
「フランスに死を、これはイタリアの叫びだ!」
この頭文字を並べると"MAFIA"となり、
これがマフィアの語源とされていますが真相は不明です。

シチリア島でフランス系住民に対して
暴動を起こしたイタリア系住民の合い言葉でした。
【その他】 | 11:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

【みずほ証券 / ブッシュの責任 / 耐震強度偽装】

国の要職、とりわけ米国政治家が
自らの責任を認めるときに
御用達となっている言葉があります。

"The buck stops here."

往年のトランプ好きの方はご存じかもしれません。
あの「バック」、
つまりディーラーが誰かを示すバックです。

そもそもはトルーマン大統領が好んで使った言葉ですが、
今では決まり文句として定着しています。

カリフォルニア州知事となったシュワルツェネッガ−氏が
中国訪問直前に自身肝いりの4法案が否決されたときは、
こう言って自らの責任を認めました。

"The buck stops with me."

そして今回、ブッシュ大統領の場合はどうでしょう。

"I am responsible for ***"

普通の表現です。なぜでしょうか?
実は、このイラク攻撃を巡って
ブッシュ氏が責任回避するたびに
反対派からは連日のように執拗に攻撃され続けてきました。

このように。

"The buck stops there?"
(責任はあちらにあるのですか?)

"The buck stops over there or somewhere?"
(責任はあちらでしたっけ、どちらにいっちゃったのですか?

この言われようだったので、
ブッシュ氏は今回この表現を避けたと言われています(笑
【その他】 | 10:43 PM | comments (x) | trackback (x) |

【悪名高き日本のゲームマニア】

欧米ではXbox360といえば
クリスマスに欲しい物No.1
(top billing on Christmas wish lists)で
先月発売直後から子供達の心を掴んで離しません。

しかし、先週土曜に封切りを迎えた日本では
予想よりも控えめな反響(subdued response)で、
まだまだ様子見のゲームファンが多いようです。

初代XBoxの日本でのシェアはわずか5%程度で、
まさに取るに足りないシェア(paltry market share)です。
DVD搭載のアドバンテージもあって
累計出荷台数世界で1億台(…!!)を誇った
プレーステーション2の牙城を崩すため、
Xbox360がどれだけ食い込めるかが見ものです。

日本のゲーム市場は世界第二位の規模で、
なおかつそれを支えているのが
"Japan's notoriously finicky video game fans"、
つまり、「手抜きを許さず選り好みの激しさで悪名高い」
ゲームファンなので、
欧米市場のようにただただアーケード形式の
シューティングゲーム(shoot-'em-up arcade-style games)を
投入すれば売れる、というわけにはいかないようです。

考えてみれば本当に日本はゲームに強いですよね。
ソフト面でも強いですし、
ゲーム機本体(games console)のハード面も強いです。
ポータブル市場では
ニンテンドーDSが「売れすぎ」との評を得ていますし。

筋金入りのゲーム好き(hard-core gamers)が
企業努力を後押しした、という側面もあるのでしょうか。
【その他】 | 11:45 PM | comments (x) | trackback (x) |

【山口組の新体制】

銃の不法所持に対する判決への上告棄却を受け、
日本最大の組織暴力団山口組の組長が収監されました。

平成16年末時点で、
全暴力団のうち山口組系が45.1%を占めます(警察庁調べ)。
  
五代目組長の渡辺芳則氏は
実刑が確定したことを受け、現役を退きました。

今回実刑が確定した篠田建市氏は
どういう動きを見せるのでしょうか。
【その他】 | 11:35 PM | comments (x) | trackback (x) |