iPhone4/4Sでの非通知着信の拒否設定方法について

結論から言うと、
JailBreak(いわゆる脱獄)しないと不可能です。

iPhoneの非通知拒否設定については、
まずナンバーブロックというサービスに加入し、
他の電話AからiPhoneに184で非通知発信をし、
その電話を受けて実際に通話状態を作って電話を切り、
それから144に電話して拒否設定すればOK、
というような説明が溢れています。

しかし、この方法で拒否設定されるのは電話Aの番号のみです。
非通知着信が拒否されたわけではありません。
他の電話BやCなどから非通知でかけると着電します。

184をつけて非通知でかけているのに
184を外した裸の番号が拒否設定されるのはなかなか面白いですが、
非通知そのものを拒否設定できないのはもったいないですね。

スティーブ・ジョブズの訃報で何となく思いついたメモ書きです。

それにしても、電話の通知/非通知の仕組みというのは、
どこか謎めいていて興味が尽きないです。

非通知着信してくる相手の番号を強制表示させるルーターだとか、
発信時に任意の番号を相手に表示させる面白機械だとか、
なぜか必ず香港製ということでよく売られていましたが、
まだどこかで活躍中なんでしょうか…。

 − − − 

補足です。

ソフトバンクのiPhoneについては上記の通り、
ナンバーブロックを利用しても非通知そのものを拒否することはできません。
電話AからiPhoneへ非通知で着信させて通話をした後にブロック設定をして電話Aをブロックしても、
電話BからiPhoneへ非通知でかけると着信してしまいます。
そのため、非通知のワン切りに対しては特に無力そのものです。

ただ、auのiPhoneでは「番号通知リクエストサービス」がありますので、
「1481」へダイヤルをすればそれだけですぐに非通知拒否設定が完了となります。
利用料は無料で、特別の申し込みも不要です。
【その他】 | 01:30 AM | comments (x) | trackback (x) |

一足遅い「春」

日本語圏ではないメディアのニュースを見ていると
日本での報道とは少し異なる世界があり、
語学の鍛錬云々を抜きにしても接する楽しさがあります。

たとえば、今回のユーロ危機について。
日本で報道されていることといえば、
ギリシャのやる気が見えないので
ドイツなどが救済に難色を示していること、
リーマンショックの亡霊が闊歩している、
ますます円高懸念だ、等々。

でも、BBCをちらちらっと見てると、
"Japan may consider being part of Greece bailout plan"
など、日本が金出してくれるかもしれないぞ、みたいな。
IMFとEUの緊急融資に日本も参加か、と。
財務大臣の安住淳氏がその可能性に言及したそうです。

同じ事象も日本とユーロではその受け取り方が違ってきますから
結果、その温度差が日々のニュースにも反映されます。

基本的にニュースの元になる事象、発言は同じなのですが、
日本語圏メディア向けと海外メディア向けで
明確に発言を使い分けてる人もいるのでまた興味深いです。

発言内容については割愛しますが、
ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎氏は海外向けには
過激な主張を繰り返していた記憶があります。

さてそんな海外の目ですが、
BBCの場合は今はサウジアラビアのニュースが
もっともアクセスが多いようです。

女性は車の運転を禁止されているのですが、
それに違反していたある女性に
ムチ打ち10回の刑が言い渡されたと。

サウジといえばアブドラ国王が女性の参政権を認めたばかり。
この女性も遅れてきた「春」が救ってくれるのでしょうか。
【英字新聞】 | 02:55 AM | comments (x) | trackback (x) |

reconnaissance plane

偵察機。

[北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない。]
【語源解説付き時事英語】  - Q 〜 U - | 09:56 PM | comments (x) | trackback (x) |

Aegis-equipped warship

イージス艦。

[北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない。]
【語源解説付き時事英語】  - A 〜 E - | 09:55 PM | comments (x) | trackback (x) |

Aegis ship

イージス艦。

[北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない]
【語源解説付き時事英語】  - A 〜 E - | 09:54 PM | comments (x) | trackback (x) |

recall

召還する。帰還させる。

[北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない。]
【語源解説付き時事英語】  - Q 〜 U - | 09:53 PM | comments (x) | trackback (x) |

destroyer Kirishima

イージス艦「きりしま」。

["Kirishima destroyer"でも同義。北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない。]
【語源解説付き時事英語】  - A 〜 E - | 09:53 PM | comments (x) | trackback (x) |

destroyer

駆逐艦。護衛艦。イージス艦。

[北朝鮮のテポドン2発射の動きに対し、海上自衛隊は環太平洋合同演習(リムパック)に参加中のイージス艦「きりしま」に帰還命令を出す。偵察機の配備にも着手。日本海にはすでにミサイルの探知、攻撃が可能な米イージス艦「シャイロー」「マスティン」の2隻が展開。1998年のテポドン発射時以上に、今回の北朝鮮の動きが国際政治に投げかける波紋は大きい。当時とは比にならないほど日米関係が良好ということもあるし、イラク戦争が軸となり、安全保障の世界地図がわかりやすくなった現状も挙げられる。世界的関心事となったことで、北朝鮮有事とからめて拉致問題を改めて国連に持ち込む道筋も付けられた。発射するか否か。もはやそれだけが問題ではない。]
【語源解説付き時事英語】  - A 〜 E - | 09:52 PM | comments (x) | trackback (x) |

ジョージ・ソロスと秋の空

ジョージ・ソロスと言えば、言わずと知れた投資家です。
慈善家でもあります。

そしてよく引き合いに出されるのが、
ウォーレン・バフェット。

「NY株式市場には2,3年休んでもらっていても
 まったく支障ない」
とはバフェットの名言の一つです。

戦争のような短期的投機には否定的で、
派手な動きのソロスとは好対照です。

さておき。

このたびソロスが日本の金融政策に言及しました。

曰く、
「五月から始まるトルコやブラジルなどの
 新興市場の暴落の原因は、
 ゼロ金利解除に積極的姿勢を見せる日銀のせいである」と。

俗に言う「流動性の罠」なる言葉が日本の政策当局を悩ませていた頃、
行き場を失ったそれらの資金は
トルコやブラジルなどの新興市場へと流れました。

そして今、
その新興市場で軒並み暴落現象が見られます。

トルコの通貨単位であるリラは、
この五月から対ドル18%の下落を示しています。
株式市場は22%の下落。

確かに、資金の大元締めとも言える日銀が
引き締めに動くというのは、
履かされていた下駄を突然脱がされることに。

もっと日本流に言うなら、
はしごを外される、でしょうか。

しかし、です。
確かに、各国間の政策協調も大事ですが、
局地的にバブル期並みの地価高騰が見られる
日本の現状を無視するわけにもいきません。

何より、日銀は日本の中央銀行であって、
日本の物価の安定こそが第一義なのです。

ここが政策協調の難しさでもあるし、
金融政策の醍醐味でもあるのでしょう。

それにしても、今のトルコは政情不安定です。
キプロスの問題もあって、
EU加盟国としてトルコはふさわしくない、との声も。

結局、今のトルコでは相場を下げるニュースが
たくさん売れている状態です。
日銀云々はどれほど影響があるものでしょうか。

ソロスの投機スタンスと掛け合わせるわけじゃないですが、
彼は言うなれば風の人。

その時々の流れを敏感に感じ取って、
その時々で判断する人。

今回の発言は
Open Society Instituteのフォーラムで飛び出しました。
場所はイスタンブール。
ええ、トルコです。

日本の風に当たれば
また違う発言も生まれることでしょう(知りませんが

しかし元気ですね、彼。
老いさらばえることを忘れちゃってますよね。
羨ましい限りです(はっは
…。
【経済全般】 | 07:00 AM | comments (x) | trackback (x) |

Nouri Maliki

ヌリ・マリキ。[イラクの首相。ジャワド・マリキから改名。バグダッドに次ぐイラク第二位の都市バスラに非常事態宣言を出す。シーア派の内部分裂が治安悪化の主な原因。日本のメディアでは依然、ジャワド・マリキとして報道されている]
【語源解説付き時事英語】  - K 〜 P - | 11:10 AM | comments (x) | trackback (x) |